2019/11/20 (水) -インプラント-

医療費控除でインプラントを安く受けよう

インプラント治療は、医療費控除の対象です。

インプラント治療にかかった費用は、医療費控除の対象となります。

確定申告で申請することで、所得総額と治療費に応じて所得税と住民税が一部控除されます。

インプラント治療は保険適用外のため自由診療となり、値段として決して安いとは言えません。

そのため、医療費控除を利用することで税金が控除され、実質的に治療費が安くなることに繋がります。

納得した治療をお金がネックで受けられないという方は多く、とても心苦しいです。

医療費控除を利用することで実質的な治療費を安くして、お得にインプラント治療を受けて頂ければ幸いです。
インプラント治療に限らず、医療費控除を受けるにはご自身で確定申告をする必要があります。

確定申告は、個人や法人が、1月1日から12月31日までの1年間の「所得」を確定し、納税額を申告するものです。

課税対象になる「所得」は、いわゆる額面的な給料とは違います。

税負担を公平にするために様々な控除が設けられています。

誰でも控除が受けられる「基礎控除」「社会保険料控除」から、家族を養っている人のための「扶養控除」、自然災害や盗難にあった人が差し引ける「雑損控除」など。

こうした控除を収入から差し引いて課税所得を計算します。

つまり、控除額が大きいほど課税所得が減って、納める税金も少なくなるということです。

会社員の方でしたら、1年間の収入をあらかじめ予測し、所得税が源泉徴収されていると思います。

実際1年経ってみたら状況が変わっており、本来納めるべき税額が合っていないことも多いです。

それを調整するのが勤務先で行われる年末調整です。

しかし、医療費控除の対象となる医療費がどれだけかかったかは人それぞれで異なるため、勤務先の年末調整では対応でできません。

そのため、医療費控除に関してはご自身で申告する必要があるのです。

医療費控除は、本人と、本人と生計を一にする家族が、その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費の合計金額が10万円以上の場合に受けられる控除です(上限200万円)。

医療費控除の対象となる期間、金額、対象者などをまとめると、以下のようになります。

医療費控除の対象となる治療の例です。

・医師に支払った診療費・治療費

・妊娠中の定期検診・出産費用

・治療のためのマッサージ・はり・お灸など

歯科では、インプラント治療はもちろんのこと、虫歯の治療費なども医療費控除の対象となります。

逆に医療費控除の対象とならない治療の例です。

・美容整形

・予防注射の費用

・メガネ・コンタクトレンズの購入代金

歯科では、予防目的の歯石除去(歯のクリーニング)や審美目的のホワイトニングなどは医療費控除の対象外となります。

つまり、美容や予防目的ではなく、あくまでも「治療目的」としての費用が医療費控除の対象となります。

医療費控除の対象となる期間は1月1日〜12月31日の1年間となります。

基本的には支払った治療費の領収書の日付が対象となります。

そのため、仮に2019年にインプラント治療を受けていたとしても、インプラント治療の領収書が2020年のものであれば、2020年分の治療費と見なされます。

上記の対象期間内に支払った医療費や通院のための交通費の総額が10万円を超えた場合に控除が受けられます。

次の項目で詳しく紹介しますが、お一人だけでなく生計をともにする家族の医療費を合算して10万円を超えた額が医療費控除の対象となります。

・通院費に関して
通院に公共交通機関を使用した場合はその交通費も医療費控除の対象となります。

特に遠方からインプラント治療を受けにお越しの患者様は通院費だけでも大きな負担になります。

その際の通院費も医療費控除の対象となることがありますので、診察券などで通院日時が確認ができるようにするとともに、通院にかかった金額と日付も記録しておくといいです。

領収書には日付と金額両方記載されていますので、通院の際に使用した公共交通機関の領収書を取っておくと便利です。

原則として公共交通機関以外を使用した場合は医療費控除の対象にはなりませんので、車で通院した場合のガソリン代や駐車場代などは対象外です。

ただし、例えば突然の陣痛など、病状からみて急を要する場合や深夜など、公共の交通機関の利用ができない場合にはタクシー代も医療費控除の対象として認められるケースがあります。


自分の医療費だけでなく、生計をともにしている家族の医療費も合計して申告することができます。

「生計をともにしている家族」とは戸籍上であったり住民票が一緒という意味ではなく、「お財布が一緒」という意味です。

例えば、自分の医療費が6万円でも、生計をともにしている家族の医療費が14万円だった場合には、医療費としては合算して20万円となり、医療費控除の申告をすることができます。

医療費控除は、直近1年分の医療費だけでなく5年前まで遡って申請することができます。

(あくまでも1年ごとの医療費なので、5年前まで遡って合算することはできませんのでご注意下さい。)

これまで医療費控除のことを知らなく、申告し忘れていた人も、この機会に過去の医療費を申告することができます。

「私は主婦だから確定申告とか関係ない」

そう考えている方がたまにいらっしゃいますが、「2-3. 医療費控除の対象者」で紹介したとおり、生計をともにしていれば申告することができます。

税務上、専業主婦の奥様がインプラント治療を受けられたとしても、その治療費はご主人の収入から支払っていると見られます。

実際にインプラントを受けられたのは奥様だとしても、ご主人がその医療費を確定申告することで、医療費控除を受けることができます。

つまり、生計をともにする家族のなかで一番税金を支払っている方が医療費控除を申告をすることでよりお得にインプラントを受けることができます。

医療費控除金額は以下のように計算します。
医療費控除でインプラントを安く受けよう
①医療費控除の対象となる金額
計算結果がマイナスの場合には医療費控除の対象にはなりません。

また、医療費控除の対象となる金額は最高200万円までなので、計算結果が300万円になっても医療費控除額は200万円となります。

②医療費の合計額
「2-2. 医療費控除の対象額」で紹介した治療にかかった費用です。

インプラントは医療費控除の対象となる治療ですが、美容整形など医療費控除の対象外となる治療費もありますので事前にご確認ください。

③保険金などで補てんされる金額
保険金で補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引かれます。

もし20万円の医療費がかかったとしても、生命保険で20万円給付されていれば計算上はマイナスとなり医療費控除の対象になりません。

インプラント治療が必要な方の多くは歯周病により骨を失っている方が多く、骨移植の手術が必要となる場合があります。

そうした場合、生命保険の手術給付金の対象となることがあります。

給付金はもらえるのでお得ですが、医療費控除額としてはその金額は減額されますのでご注意ください。

④所得税率
所得税率はそのかたの所得金額により異なるため詳しくは後述します。

⑤所得税の還付金額
医療費控除の申告をすることで、所得税を多く支払っていたことになるため、この金額が還付されます(戻ってきます)。

⑥住民税の減額金額
医療費控除の申告をすることで、翌年支払う住民税が減額されます。

所得税率は所得金額により異なります。

詳しくは国税庁のホームページをご確認ください。

住民税の金額は、前年の所得額に応じて変わってきます。

医療費控除を受けることで、控除された分だけ所得が少なくなったことになります。

そのため、医療費控除をすることで結果として翌年の住民税が軽減され、支払う税金が安くなります。

例えば、住民税率が10%の地域にお住まいで、前年の所得が500万円の場合、支払う住民税は500万円×10%=50万円となります。

この方が35万円の医療費控除を受けた場合、所得は465万円と見なされるため、支払う住民税は465万円×10%=46万5000円となり、翌年の住民税に3万5000円の差が出ることになります。

医療費控除のポイント

①1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に還付されます

②所得が多い人が申告した方が戻ってくる金額が高くなります

③生計が一緒ならば医療費を夫婦で合算してどちらからでも申告ができます

④申告し忘れても、5年前まで遡って医療費控除を受けることができます

インプラントにかかる費用は人によって様々です。

住宅ローンの控除やふるさと納税など様々な控除を受けている方など、課税所得も様々です。

当院でもある程度の所得税の還付金や住民税の減額金は推測することができますが、実際の金額は人それぞれです。

いくら税金がお得になるかなどの詳細に関しては管轄の税務署にご相談ください。

インプラントについてもっと知りたい方はこちらもチェック:インプラント
お問い合わせ 西野本院年中無休 011-668-6681

Clinic Informationクリニック情報

札幌市西区西野2条6丁目2-10
フェリス西野1F
WEB
予約
札幌市西区山の手1条6丁目5-15
エルム山の手1F
WEB
予約
札幌中央区南11条西22-2-8
旭ヶ丘みたかマンション1F
WEB
予約