2019/10/25 (金) -インプラント-

サイナスリフト

上顎の骨が薄くインプラントを断れた方へ
上顎の奥の骨のすぐ上には副鼻腔の一つである「上顎洞」という空洞があります。

上顎洞鼻の穴とも繋がっており、そこに炎症が起きて膿がたまると蓄膿症になります。

もともと上顎の奥の骨はこの上顎洞があるため、下顎に比べると骨が薄いです。

歯周病が進行したり、歯を失うことで骨吸収は進み、骨は薄くなります。(歯が全くない、総入れ歯の方のように、顎の骨が痩せている方のお顔を想像して頂けるとわかりやすいかもしれません)

上顎の奥歯を失うと、もともと薄い骨がさらに薄くなり、インプラントを埋入するための骨の厚みが不足することがあります。

インプラントの長さは様々ですが、予後を考えると最低でも10mmの長さのインプラントを骨に埋入したいです。

そのため、上顎の奥の骨が10mmよりも薄いとインプラントを埋入することができません。

もし、そのような状態でインプラントを埋入すると上顎洞にインプラントが突き抜けてしまい、鼻の穴と交通してしまうので、感染のリスクがあります。

「骨が薄いためにインプラントはできない」というのはそうした理由となります。

当院にも上顎の奥歯のところは他院で断られたという方が多く来院されます。
サイナスリフト
そうした患者様はサイナスリフトという治療を行うことで、骨を増やし、インプラントの埋入に必要な骨の厚みを確保し、安全にインプラント治療を受けることができます。

サイナスリフトは上顎洞の側面から骨に穴を開け、上顎洞の粘膜を剥がして、持ち上げた部分のスペースに自分の骨や人工骨などを移植する方法です。
サイナスリフト
ご自身の残っている骨の状態にもよりますが、サイナスリフトとインプラント埋入の手術を同時に行うことも可能です。

骨の状態がよくない場合は、サイナスリフトを先に行い、充填した骨がしっかりと成熟するために約4〜6ヶ月ほど待ち、それからインプラントを埋入することもあります。

他院でインプラントを断れた方でも当院では治療ができる理由は、インプラントを埋入するだけでなく、こうした特殊な処置の技術と経験があるからです。

インプラントができないと諦める前にぜひ一度ご相談下さいませ。

インプラントについてもっと知りたい方はこちらもチェック:インプラント
お問い合わせ 西野本院年中無休 011-668-6681

Clinic Informationクリニック情報

札幌市西区西野2条6丁目2-10
フェリス西野1F
WEB
予約
札幌市西区山の手1条6丁目5-15
エルム山の手1F
WEB
予約
札幌中央区南11条西22-2-8
旭ヶ丘みたかマンション1F
WEB
予約