設備紹介 Equipment
TOP >

設備紹介

設備紹介Equipment

測定装置

医療は診査診断が全てです。

正確な診査診断を行うための検査機器をご用意しています。

①歯科用CT
歯科用CT

最新鋭高性能CTスキャン「FineCube」を導入。

従来のレントゲンでは2次元的な画像のため隠れて見えなかった部分がありました。

しかし歯科用CTでは立体的で精密な3次元の画像を得ることができるため、インプラント治療で必要になる骨の診断、親知らずの位置、根の先の病気、矯正治療、腫瘍など、お口の中の色々な病気の詳細な分析、正確な診断が可能となります。

また、FineCubeの被ばく量は「0.054mSv」と医科などで使用する頭部X線CT検査の1/37に削減しました。

※被曝量の参考データ

日本での自然放射線量(年間):2.1mSv

頭部X線CT検査:2.0mSv

東京-ニューヨーク間飛行機旅行(往復):0.19mSv

当院の歯科用CT「FineCube」:0.054mSv

②ナソヘキサグラフ
ナソヘキサグラフ

顎の開閉運動を三次元的に調べる機器です。

側方運動だけでなく、咀嚼運動、発音運動などの生理的な顎運動を記録し、分析することで顎の正常・異常を診断します。

③グラビコーダー
グラビコーダー

医科でも「めまい」や「ふらつき」の程度を調べるために使用されることが多い重心動揺計です。

バランス良く立っていられるかを測定することにより身体の重心の変化をみます。

咬み合せが変われば全身のバランスも変わるため、全身のバランスを測定することで咬み合せの治療に役立てることが可能となります。

④オクルーザー
オクルーザー

噛み合わせのバランスを測定する咬合力測定器です。

「デンタルプレスケール」といわれる専用シートを噛むことで、左右の噛み合わせのバランス、それぞれ歯の噛む力を客観的に調べることができます。

⑤ダイアグノデント
ダイアグノデント

将来的に歯を削らなくてもすむようにするためには虫歯の早期発見が大切となります。

ダイアグノデントはレーザー光線を使うことで肉眼では見つけることが困難な虫歯を発見することができる光学式う蝕検出装置(虫歯発見器)です。

虫歯の早期発見はこれ以上進行させないように予防することへと繋がります。

院内感染対策

世界で一番厳しいといわれるADA(アメリカ歯科医師会)推奨の感染防止策を導入しています。

①バリアテープ
バリアテープ

治療中はお口の中を触った手でライトやテーブル等に触れてしまいます。

そこで触れる部分にはバリアテープというものを貼り、患者様ごとに新しいものに貼り替えることで清潔な状態を保ちます。

②グローブ
グローブ

治療時に使用するグローブは一人の患者様の治療が終わるたびに交換します。

もちろん、治療中にバリアテープが貼られていなく、消毒していない部分(不潔野)を触った時もグローブを交換してから治療を再開します。

③ディスポ
ディスポ

基本的に1人1人の患者様に対して、紙コップ、紙トレー、紙エプロンなどの備品はディスポ(使い捨て)にて対応しています。

使い捨てにできないものは、1回1回すべて完全滅菌しています。

④超音波洗浄機
超音波洗浄機

オートクレーブやガス滅菌などの完全滅菌をする前に、肉眼では見えず、手洗いで落としきれない治療器具の汚染を、薬液と超音波の振動によって内部・細部まで確実に洗浄します。

⑤滅菌パック
滅菌パック

超音波で洗浄した器具は滅菌パックに入れてから滅菌処理を施します。

滅菌パックに入れることで器具の保管時も滅菌状態を保つことができ、治療の直前に開封して使用しますので非常に衛生的です。

⑥高圧蒸気滅菌器
オートクレーブ

滅菌パックに入れた器具は、高圧の蒸気により、全ての菌やウイルスを滅菌するオートクレーブという滅菌装置を使用して、治療器具はすべて滅菌処理を行っております。

⑦ガス滅菌器
ガス滅菌器

高圧蒸気滅菌器は高温・高圧で滅菌を行うため、コントラやタービンなどの熱に弱い器具機材には使用できません。

そのため、そうした器具にはホルマリンガスを用いて常温・常圧で殺菌を行うガス滅菌器を使用することであらゆる器具機材の殺菌が可能となります。

コンサルテーション

患者様のご相談をしっかりと聞くことはもちろんのこと、疑問や不安を解決するためのサポートツールも多数ご用意しています。

モニターシステム
モニターシステム

CTやレントゲンなど口腔内を撮影した画像は、半個室となっている診療室にあるモニターに映し出されます。

ご自身の口腔内をご理解頂くために撮影した画像を使ってしっかりとご説明します。

メドバイザー
メドバイザー

※「Medviser/dentalより」

ご自身の症状や治療についてわかりやすく説明するためにアニメーションソフト「Med Visor(メドバイザー)」を導入しています。

その他にも様々な説明用のツールを使ってご説明させて頂きますので、納得した上で治療を受けて頂くことができます。

お問い合わせ 西野本院年中無休 011-668-6681

Clinic Informationクリニック情報

札幌市西区西野2条6丁目2-10
フェリス西野1F
WEB
予約
札幌市西区山の手1条6丁目5-15
エルム山の手1F
WEB
予約
札幌中央区南11条西22-2-8
旭ヶ丘みたかマンション1F
WEB
予約