インプラント治療Implant

TOP > 診療案内 > インプラント >

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

診査診断、手術前準備

診査診断

インプラント手術が可能かどうかはもちろんのこと、なぜ歯を失うことになったのか、原因をふまえて診査診断を行います。

手術前準備

手術を成功させるために必要な事前治療を行います。痛みが出るような急性症状の治療も事前に行います。

インプラント埋入手術から上部構造完成まで

一次手術

一次手術:歯茎を切開してアゴの骨を削り、歯の土台となるインプラント(人工歯根)を埋め込みます。

約2〜6ヶ月

骨肉と埋入したインプラントが結合するのを待ちます。

インプラントと骨肉とがしっかり結合するかがインプラント手術の成功の鍵を握ります。

二次手術

しっかりと結合された後「ヒーリングキャップ」を装着します。

上部構造製作

歯の型取りを行い、歯の形や色、歯並びを確認しながらインプラントの上にかぶせる人工歯を作ります。

上部構造装着

「アバットメント」と呼ばれる連結部分装着し人工歯をかぶせてインプラント治療は完了です。

インプラント手術後のメインテナンス

3ヶ月ごと

埋入したインプラントはもちろんのこと、他の健康な歯を守っていくために口腔内全体を定期的にメインテナンスしていきます。

関連情報Related information