インプラント治療Implant

All-on-4

■ All-on-4とは?

手術したその日に固定性の歯が入る最先端インプラント治療

総入れ歯や歯の多くを無くした方の為の、最先端インプラント治療法です。

All-on-4は奥の丈夫な骨のある部分へインプラントを斜めに埋め込むことにより、最少4本のインプラントで全ての人口歯を支えることに成功した画期的な治療法です。


身体的な負担・経済的な負担など従来のインプラント治療の問題点を解決してくれる非常に優れた、注目の最先端技術です。

――『All-on-4』――

インプラントを斜めに埋め込むことで噛む力をインプラント上に広く均等に配分出来ます。

■ All-on-4の4つのメリット

1. 手術当日に固定性の歯が入る

固定性の仮歯の装着まで1日で行うことができるAll-on-4。

手術したその日に固定性の人工歯を入れることができるのはAll-on-4だけです。

歯の抜けている期間が全くないため、審美的にも美しく社会生活に不便をきたすこともありません。

※手術時の患者様の骨の状態によっては、当日に固定性に出来ない場合があります。

2. 天然歯のような感覚・快適さ

人工歯の部分をインプラントでしっかり固定しているため、口蓋部分の覆いがなくなり、食べ物の食感や味が直に伝わり、おいしく健康的にお食事ができます。

また、食後も取り外して洗う必要がないので、外出先でのわずらわしさもありません。

口蓋部分の覆いがなくなるため、快適さが向上します。

3. 身体的な負担の軽減

常全ての歯を失った場合、片顎で12本の歯を支えるのに8〜14本ものインプラントを埋め込むのが一般的でした。

そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、身体的な負担がありました。

しかしAll-on-4は骨の状態にもよりますが、最少4本のインプラントで全ての人工歯を支えることができるため、手術時間の短縮、術後の腫れの軽減など身体的な負担を軽減させます。

4. 手術費用を抑えられる

費用の面でもインプラントを埋め込む本数が多くなればなるほど高額になるという不安要素もありました。

しかし、これまで片顎で12本ものインプラントを埋入する必要があったものが最少4本で済むことになったことで、手術費用を抑えられることになります。

―― インプラントとAll-on-4の価格比較 ――
従来のインプラントの費用 (片顎12本)
40万円 × 12本 480万円
All-on-4の費用 (片顎)
145万円 × 50万円 195万円
【オペ代】 【歯】
(35万×インプラント4本+特殊オペ料5万) (仮歯12本×最終の歯12本)
60%コスト削減

関連情報Related information