入れ歯 False teeth
TOP > 診療案内 >

入れ歯

入れ歯 False teeth

入れ歯をすでにご利用されている方から、これから入れ歯の利用を検討されている方まで、患者様の現在のお悩みをしっかりと聞くことから始まります。

必ずしも「歯を失った=入れ歯」というわけではありません。

ブリッジやインプラントといった治療方法もあります。一概に入れ歯と言っても入れ歯の種類(材料)や作り方(設計)は様々です。

そのため私たちは患者様が「今、何に悩んでいて、今後どうされたいのか?」を一緒に考えていくことが大切だと考えています。


残っている歯の現状、これまでの経緯、そして今後のご要望をしっかりとお聞きし、患者さまに最適な治療方法や材料などをご提案させて頂きます。

入れ歯の種類

コンフォート

コンフォートは、入れ歯の裏面(歯ぐき側)を生体用シリコーンという柔らかい材料で覆う加工を施します。

シリコーンの弾性がクッションとなるため噛んだ時に歯ぐきにかかる痛みを和らげ、吸着力が高まるため外れにくくなります。

コンフォート3つのメリット

  • 歯ぐきを優しく保護して守る。

    コンフォートは歯ぐきの座布団。硬い入れ歯と歯ぐきの間でクッションの役割を果たし、デリケートな歯ぐきをやさしく保護します。

    硬い入れ歯による歯ぐきのトラブル(歯ぐきの血流障害など)を緩和します!

  • クッション素材で痛みを柔らげ軽減させる。

    コンフォートは入れ歯の歯ぐきにあたる面を生体用シリコーンというクッション材で覆うため、歯ぐきにかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげます。

    もう食べるものを選ばなくても大丈夫。

    硬いものでも、しっかり噛めるので、食欲もよみがえります!

  • 抜群の吸着力で外れにくい。

    生体用シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生み出し、噛むときに発生するアゴの横の動きにも抜群の吸着性を実現します。

    食事のときや話をするときに外れにくくなります。

    また、入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が詰まりにくくなります!

ノンクラスプデンチャー

金属の金具を使用しない入れ歯です。

通常、部分入れ歯は「クラスプ」という金属のバネのようなものを歯に掛けるため、笑った時や会話をする時に金属が見えてしまう事を気にされる方が多くいらっしゃいます。

ノンクラスプデンチャーはクラスプ部分を金属ではなく、特殊なピンク色のプラスチックで作製するため、歯ぐきと馴染み、入れ歯である事が目立ちにくい作りになっています。

金属床

通常の入れ歯と比べ、金属の入れ歯は厚みを1/3の薄さで作製出来る為、フィット感が増し、違和感や飲み込みにくさ等を軽減させる事が期待できます。

また、通常の入れ歯はプラスチックで作製しますが、金属製の入れ歯は熱伝導率が高いため、お食事や飲み物の温かさや冷たさを感じながら召し上がれます。

金属床の入れ歯と通常の入れ歯(プラスチック床)との比較

  • 薄くて丈夫なため違和感がない。

    入れ歯の厚みが違和感の原因としてあげられます。

    通常のプラスチック床の入れ歯の場合、強度を保つために厚く製作する必要がありますが、金属床は丈夫なため、薄く製作することが可能となり、違和感を軽減することが可能です。

  • 変形しにくく、汚れもつきにくい。

    プラスチック床の入れ歯の場合、長く使用することで少しずつ変形してしまいます。

    金属床は、たわみや変形も少なく、汚れもつきにくいため、清潔に長く使うことができます。

  • 食べ物や飲み物の「熱さ」や「冷たさ」を感じることができる。

    上顎を覆うような入れ歯の場合、プラスノチック床の入れ歯では熱を感じにくくなってしまいます。

    金属床はお口の中の粘膜に触れる部分が金属でできているため、熱の伝導に優れ、食べ物や飲み物を口の中に入れたときに温度が伝わりやすく、美味しく食事をすることができます。

金属の種類はコバルトクロムとチタンの2種類あります。

それぞれの特徴を考慮したうえで患者様に適した材料をご提案致します。

金属床の材質

  • コバルトクロム

    ~実績のある材質~

    コバルトクロム素材は金属床の入れ歯では最も歴史があり、長年にわたり使用されているベーシックな素材です。

  • チタン

    ~身体に優しく軽い最新の材質~

    チタンはインプラントをはじめ、人工骨やペースメーカーなどに用いられ、体内に埋め込むことができるほどの安全性(生体親和性)を持ちます。

    金属アレルギー等の心配が少ない金属です。

    また、コバルトクロムよりも軽く、金属床のなかでも最も薄いため馴染みやすいです。

コーヌスデンチャー

一般的な部分入れ歯の場合、入れ歯を支える歯(鈎歯)にクラスプと言われる金属のバネを引っ掛けますが、コーヌスデンチャーの場合はクラスプを使わずに、残っている歯に金属の土台を被せ、その上からキャップの付いた入れ歯を被せる入れ歯です。

被せるだけの入れ歯ですが、茶筒とその蓋のようにしっかりとはまり込むので、口の中で入れ歯が動くことがなく、安定感があり、違和感も少なく、しっかりと噛むことができます。

コーヌスデンチャーのメリット

  • 支えとして使用する歯の負担が少なく、残った歯に優しい入れ歯です。
  • クラスプ(金属のバネ)がないので見た目が良い。

コーヌスデンチャーの原理は、同じ形の紙コップを重ね合わせると外れにくいのと同じ原理です。

そのため、寸分の狂いも許されない高度な技術と経験が必要とされます。

スマイルオフィスでは経験豊富な医師が担当致しますのでご安心下さい。

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーは歯根の上に取り付けられます。

歯が抜けた場合、歯を支えていた骨(歯槽骨)が吸収し始めます。

骨が吸収して痩せていくと歯茎の形が変わり、入れ歯が不安定になってしまいます。

もし、何本かでも歯根が残っていれば、骨の吸収は遅くなり、急速に歯茎の形が変わるようなことはないため、安定した入れ歯を作ることができます。

オーバーデンチャーは見た目は普通の義歯と変わりませんが、歯根があるため、この骨吸収を遅くすることができるという目には見えないメリットがあります。

より安定したオーバーデンチャー

アタッチメントと呼ばれる入れ歯と歯根を連結するパーツを使うことで入れ歯をより強固に維持させることが可能となります。

アタッチメントには磁性アタッチメント、O-リングやバータイプのものなど様々な種類がありますので患者様に適したものを選択します。


通常の総入れ歯は、上の入れ歯の場合は上顎を広く覆う事で吸盤のような作用で維持させます。

下の入れ歯の場合は顎の骨の上に入れ歯を乗せた状態です。

そのため総入れ歯の場合、入れ歯の維持性、安定性にお悩みの方が多くいらっしゃいます。


アタッチメントを使ったオーバーデンチャーであれば通常の総入れ歯よりも安定しやすく、強く噛む事が出来ます。

歯根が残っていない方にはインプラントオーバーデンチャー

歯根がない場合でも人工歯根(インプラント)で応用することができます。


入れ歯をインプラントと連結することで入れ歯の維持力、支持力、安定性がいずれも向上します。

そのため、インプラントオーバーデンチャーであれば最少2本のインプラントで総入れ歯を維持させることが可能となります。

関連情報Related information

お問い合わせ 西野本院年中無休 011-668-6681

Clinic Informationクリニック情報

西野本院年中無休
札幌市西区西野2条6丁目2-10
フェリス西野1F
WEB
予約
山の手院年中無休
札幌市西区山の手1条6丁目5-15
エルム山の手1F
WEB
予約
旭ヶ丘院
札幌中央区南11条西22-2-8
旭ヶ丘みたかマンション1F
WEB
予約