小児歯科 Pediatric dentistry
TOP > 診療案内 >

小児歯科

小児歯科 Pediatric dentistry

お子様の将来のために。

「笑うとき、口に手を当ててしまう・・・。」

「歯医者さんにちゃんと通っていればよかった・・・。」

「歯並びが悪いのが気になるけど今更するのも・・・。」


今、お父さんやお母さんが気になっているお口のお悩みは子供の頃はきっとわからなかったはずです。

お口の悩みというのは大人になってはじめてわかることばかりだと思います。

お子様の将来のために今、何ができるかをしっかりとご提案させて頂きます。


しかし、歯を守るためには歯科医院だけでは不十分です。

ご自宅での適切なブラッシングや食生活など、ご自宅でのケアも大切です。

お子様の歯を守っていくためには、ご両親の協力が必要不可欠なのです。

当医院では、ご両親と一緒になって、お子様の歯を健康で丈夫に育てていきたいと考えております。

小児歯科メニュー

乳歯や生えてきたばかりの永久歯は、むし歯になりやすく、むし歯の進行も早いです。

歯質を強化するフッ素塗布や臼歯の溝埋め(シーラント)などの予防処置、上手な歯磨きやの習慣や健康的な食生活習慣を身につけることが大切です。


| フッ素 | シーラント | 歯磨き指導 | 食事指導 | キッズスペース |

フッ素

子どもの虫歯予防には、歯の質を強化するフッ素が有効です。

虫歯をふせぐフッ素3つの働き

フッ素のはたらき

  • 歯を丈夫にします。

    フッ素が歯のエナメル質と化学的に結合して、酸にとけにくくします。

  • 歯をとかす酸の生成を抑制します。

    歯垢(プラーク)が作る虫歯菌の働きを弱めます。

  • 虫歯になりかけて、溶けてしまった部分をもとに戻します。

    歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

シーラント

シーラントとは奥歯や前歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋めてあげることで、虫歯を予防する方法です。

主に生えて間もない6歳臼歯や乳歯の奥歯に行います。


特に6歳臼歯のような奥歯の噛む面には深い溝があります。この溝の中に食べかすやプラークがたまりやすく、また、子どもがしっかりと歯のケアをすることが出来ないため虫歯になりやすいのです。

この溝を埋めてあげることで虫歯を予防することに繋がります。


※シーラントは割れてしまうことがあります。割れてしまったままにしているとかえって虫歯になりやすくなってしまう危険性もありますので、定期的にご来院頂きチェックしていきましょう。

溝を埋めて虫歯をふせぐシーラント
歯磨き指導
子供にとって楽しみになる歯磨きを

子どもは一人ではしっかりと歯を磨くことはできません。

最初はうまく磨けなくてもいいですが、まずは自分で磨き、その後に仕上げ磨きをしてあげて下さい。

「歯磨きは気持ちがいい」「歯磨きが好き」と子どもが実感し、口の中を綺麗にしてから寝る習慣を身につけてもらうことが大切です。

子どもが気持ち良く歯磨きをできるようにするためのコツを歯科衛生士がしっかりとお伝えします。

食事指導
おやつは時間と回数を決めましょう

健全な発育のためには間食も大切だと言われていますが、食生活の乱れや肥満に結びつくような間食は好ましくありません。

虫歯は糖分摂取の「時間」と大きく関係しています。

お菓子などの間食が多かったり(いわゆるダラダラ食い)、水の代わりにジュースやスポーツドリンクなどの甘い飲み物を飲む習慣のあるお子様は肥満だけでなく、虫歯にも繋がってしまうのです。

キッズスペース

全ての医院にキッズスペースを完備。

「子どもを預けられないから歯医者に行けない…」そんなお母様が安心して治療を受けられるように各医院にキッズコーナーを設けております。

受付スタッフの目の届くところでお子様が遊んでお待ち頂くことが可能となるため、お子様連れのお母様もご安心して治療をお受け頂けます。

お問い合わせ 西野本院年中無休 011-668-6681

Clinic Informationクリニック情報

西野本院年中無休
札幌市西区西野2条6丁目2-10
フェリス西野1F
WEB
予約
山の手院年中無休
札幌市西区山の手1条6丁目5-15
エルム山の手1F
WEB
予約
旭ヶ丘院
札幌中央区南11条西22-2-8
旭ヶ丘みたかマンション1F
WEB
予約